名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年4月27日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
秋田県 > 浮木神社

城と館

漢槎宮(浮木神社)

潟尻明神

浮木神社

潟尻明神ともいい、1769年、秋田藩士 益戸滄州によって漢槎宮と命名されたことから、 この田沢湖のことを漢槎湖あるいはただ槎湖と呼ぶようになりました。拝殿正面に掲げられた漢槎宮の扁額は滄州が遊覧のおり、 船頭をつとめた少年 斎藤千太郎に書き与えたものです。

『漢槎宮(浮木神社)説明文より』

■浮木神社
浮木神社

説明

側面


住所秋田県仙北市西木町西明寺潟尻
時間
休日
拝観料
駐車場
2008年4月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.