名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年9月24日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
茨城県 > 塚原卜伝像(つかはらぼくでんぞう)

城と館

戦国時代の剣聖

足利義輝、細川藤孝、北畠具教に奥義を授けたと云われている。

塚原卜伝像

 延徳元年(1489)鹿島神宮卜部座主職吉川家に生まれる。幼名を朝孝、塚原城主土佐守安幹の嗣となり 塚原新右衛門高幹と称す。永正末年松本備前守に師事し一千日の参籠を経って大成爾後卜伝と号す。障害に廻国 修行3度、北畠具教、足利将軍家等に剣理を授く、元亀2年3月没。83才。鹿島町須賀梅香寺跡に墓あり、宝剣高珍居士の法名残る。

『剣聖塚原卜伝先生略記』より抜粋

■塚原卜伝像
塚原卜伝像

 

説明


住所茨城県鹿嶋市宮下2丁目11−4
時間
休日
拝観料
駐車場
2008年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.