名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年7月20日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 弁慶塚(べんけいづか)

城と館
東海道

義経一族の霊を慰めるための塚

亡霊となり、源頼朝を落馬させたと伝えられている

弁慶塚

 武蔵国稲毛(川崎市)の領主、稲毛三郎重成が亡妻の冥福を願い相模川に橋を架け、建久9年12月28日その落成供養を行った。 源頼朝は多数の家臣を引きつれてこの式に参列。盛大な落成式が行われた。頼朝はその帰途鶴嶺八幡宮附近にさしかかったとき、 義経・行家ら一族の亡霊があらわれ、乗馬が棒立ちになり、頼朝は落馬して重傷を負い、翌、正治元年1月死去した。後年里人たち 相計り義経一族の霊を慰めるため、ここに弁慶塚を造ったと伝えている。

『弁慶塚の由来』より

■弁慶塚
弁慶塚




弁慶塚の由来




住所神奈川県茅ヶ崎市浜之郷(民家敷地内)
時間
休日
拝観料
駐車場
2008年01月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.