名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年7月17日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 延命寺(えんめいじ)

城と館
東海道

逗子発祥の地

行基の造った延命地蔵尊を、後に弘法大使が地蔵尊の厨子を造ったことから「逗子」と呼ばれるようになる。
  ※厨子(ずし)・・・仏像などを中に安置する二枚とびらの開き戸がある仏具。


延命寺

■延命寺
延命寺

 

 

 

 

 時は戦国時代、北条早雲は三浦道寸義同が従っていた平塚の岡崎城を襲い敗退せしめた。三浦道寸義同は、 弟の三浦道香が守る小坪住吉城に退いたが時すでに遅く、永正10年、城を攻められ落城する。三浦道香主従七武士は 落ちのびた末、当山にて自害するに至ったのである。
 三浦道寸義同はその後、新井城(現在の三浦市油壷付近)へと退いたが、永正13年に三浦道寸義同とその子の義意 と共に新井城で自害をし、三浦一族は滅亡したのである。
 この墓は、家臣であった菊池幸右衛門が三浦道香主従七武士の霊を弔う為に建立したものである。

『三浦道香主従七武士之墓』説明より

三浦道香主従七武士之墓




住所神奈川県逗子市逗子3丁目1−17
時間
休日
拝観料
駐車場
2014年4月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.