名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年12月16日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 東子安一里塚 (ひがしこやすいちりづか)

城と館
東海道

東海道53次、日本橋から6番目の一里塚

旧東海道の一里塚は江戸日本橋から京都三条大橋まで125里で、慶長9年街道の付属施設として1里ごとに造られた。

東子安一里塚

一里塚は定かではないが、稲荷社の説明の中に「生麦辺りは一里塚や茶屋のあるのどかなところでした」とある。

 その昔、常陸の国に信心深い村があり、村人は浄財を集めて稲荷社を祀りました。村人はこの稲荷社に正一位の位をもとめ、 苦心して集めた五両をお金を、折りしも同国を通りかかった旅の僧に託しました。
 その僧が今や東海道をのぼり、京に向かい子安の里にさしかかったときのこと。当時、子安は東海道を挟んで片側は海、 人家もまばらな村で、生麦辺りは一里塚や茶店のあるのどかなところでした。
 この旅の僧は茶屋に立ち寄ることにしました。そこでひと息いれ、草鞋を履き替えてからまた西に向って出発しました。 しばらく歩くと、僧は金包みの荷がないのに気づいて真っ青になりました。あわてて茶屋にかけ戻り、茶屋の爺さんに金包み が置いてなかったか尋ねましたが、爺さんは無かったと言います。旅の僧は落胆し、このお金が無ければ生きてはいられません と、海に身を投げ自らの命を絶ってしまいました。
 人の執念というものでしょうか、その後、この僧の亡骸はなんど沖へ運んでも茶屋の裏に流れ着いてしまいました。 不憫に思った村人は、この浜に稲荷社を建てて祀ってやりました。しかし、この社に正一位は付かなかったと言われています。  才兵衛というのはこの旅の僧の名ではなさそうですが、誰の名前なのか定かではありません。
 この稲荷社は、元は子安在住の小川姓一族により維持管理されておりました。たいへんめずらしいことに、この社に お坊さんが関係あるせいでしょうか、お稲荷様と言えば神様なのですが、昔からこの土地の人は神前に線香をあげる習慣があるということです。

『才兵衛稲荷の由来』説明より

■東子安一里塚
一里塚付近

遍照院

才兵衛稲荷 案内


才兵衛稲荷


住所 神奈川県横浜市神奈川区子安通3丁目398
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.