名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年7月17日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 平塚の塚 (ひらつかのつか)

城と館
東海道

平塚発祥の地

高見王の子で桓武平氏の祖といわれる平高望の妹、真砂子(まさこ)の墓。現在は、平塚の塚緑地となっている。

平塚の塚

江戸時代の天保11年に幕府によって編纂された『新編相模国風土記稿』の中に里人の言い伝えとして、 「昔、桓武天皇の三代孫、高見王(たかみおう)の娘政子(まさこ)が、東国へ向かう旅をした折、天安元年(857)2月この地で逝去した。 柩はっこに埋葬され、墓として塚が築かれた。その塚の上が平らになったので里人はそれを『ひらつか』と呼んできた。」という一節 があり、これが平塚という地名の起こりとなりました。この事から平塚の歴史の古さが伝わります。

『平塚の塚由来』説明より

■平塚の塚
平塚の塚

平塚の塚、平塚の碑

平塚碑

平塚の塚緑地入口

平塚の塚由来


住所 神奈川県平塚市平塚4丁目10
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年3月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.