名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年11月19日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 保土ヶ谷一里塚 (ほどがやいちりづか)

城と館
東海道

東海道53次、日本橋から8番目の一里塚

旧東海道の一里塚は江戸日本橋から京都三条大橋まで125里で、慶長9年街道の付属施設として1里ごとに造られた。

保土ヶ谷一里塚

 街道の距離の目安として、一里ごとに設置されたのが一里塚です。一里塚は、街道の両側に土盛した小山を作り、 その上に遠くからでも目立つよう榎など木々が植えられていました。この付近にあった一里塚は、江戸から8番目のものです。

『保土ヶ谷一里塚』説明より

 松並木と同時期、街道の距離の目安として、日本橋を起点に一里(約4km)ごとに築かれたのが一里塚です。一里塚は、街道の両側に 土を盛って小山をつくり、その上には、遠くからでも目立つような榎や松などの木々が植えられていました。
 保土ヶ谷宿の一里塚は日本橋から八番目に位置し、ここより300mほど江戸寄りの地点(現在の車道上)にありましたが、古く から南側の一気の存在しか伝わっていません。その一里塚も明治時代の始め、宿場制度の廃止に伴って姿を失いました。

『東海道保土ヶ谷宿の松並木と一里塚』説明より抜粋

■保土ヶ谷一里塚
保土ヶ谷一里塚

上方見附跡

説明

松並木

松並木

絵図
 


住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区保土ケ谷町2丁目
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.