名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年7月20日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 北条幻庵屋敷跡

城と館
東海道

北条早雲の子

小田原北条家100年を支えた戦国武将

北条幻庵屋敷跡

 幻庵は、伊勢早雲庵宗瑞(北条早雲)の末子として明応2年(1493)駿河の葛山の館(裾野市)に生れた。 幼年時代に箱根権現の別当職を約束され、京都に出て三井寺で修行したり、学者や文化人について諸芸を学び、 格調高い歌を詠む文化人であった。
 天文10年に兄氏綱が逝去した後は、3代氏康、4代氏政の後見人として、この久野の館に住み、一族の長老的存在となり、 その名は遠国まできこえていた。
 幻庵は、北条氏が滅びる8ヶ月前、北条氏の盛衰とともに久野の館で97歳でなくなったとされている。

北条幻庵屋敷跡説明碑より

■北条幻庵屋敷跡
北条幻庵公御廟

幻庵池

説明

案内板

案内碑

北条幻庵公御廟碑

北条幻庵公御廟




住所神奈川県小田原市久野
時間
休日
拝観料
駐車場
2015年8月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.