名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年7月17日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 井伊直弼之像

城と館
東海道

幕末に開国を決断した大老

横浜開港の功績にて旧彦根藩有志が建立

井伊直弼之像

 明治42年7月、横浜開港50年記念に際して、旧彦根藩有志が藩主の開港功績の顕彰のため、大老井伊掃部頭直弼の銅像を戸部の丘に建立し、 その地を掃部山と名付けて記念しました。銅像の左側にある水飲み施設はその時に子爵井伊直安より寄付されたものです。
 当時の銅像は、藤田文蔵、岡崎雪声によって製作され、その姿は「正四位上左近衛権中将」の正装で、高さは約3.6メートルを測りました。 しかし、当初の銅像は、昭和18年に金属回収によって撤去され、現銅像は、昭和29年、横浜市の依頼により慶寺丹長が製作したもので、その重量は 約4トンあります。
 なお、台石は妻木頼黄の設計で、高さは約6.7メートルあり、創建当初のものが残っています。

『井伊掃部頭ゆかりの地の説明より』

■井伊直弼之像
井伊直弼之像


住所神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘57 掃部山公園内
時間
休日
拝観料
駐車場
ホームページ横浜市HP 「西区の公園」
2006年12月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.