名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年4月25日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > フランス領事館跡[慶運寺] (ふらんすりょうじかんあと[けいうんじ])

城と館
東海道

別名「浦島寺」

浦島太郎が竜宮城より持ち帰った観音像がある。

フランス領事館跡[慶運寺]

 慶運寺は、室町時代に芝増上寺第三世音誉聖観によって開かれた。京の連歌師谷宗牧(たにそうぼく)は『東国紀行』の 天文14年(1544)3月3日の条に「ほどなくかな川につきたり、此所へもこづくへ(小机)の城主へいひつけられ、 旅宿慶運寺にかまへたり」と書いている。開港当初は、フランス領事館に使われた。
 また、浦島寺とも呼ばれている。浦島太郎が竜宮城より持ち帰ったという観音像など浦島伝説にちなむ遺品が伝わっている。

『慶運寺』説明より

■フランス領事館跡[慶運寺]
フランス領事館跡

「慶運寺」説明

「浦島太郎伝説関係資料」説明

浦島寺碑

浦島父子塔


住所 神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町18−2
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.