名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年12月18日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 小沢古城

城と館
東海道

平安末期から鎌倉時代の城

横山党一族の小沢氏の館跡

小沢古城(こさわこじょう)

 古城址は当地の豪族小沢氏の館跡である。小沢氏は、平安時代の末期から鎌倉時代にかけて 活躍した武士団武蔵七党のうち、八王子を根拠にして栄えた横山党の一族で、代々ここに館をかまえて 支配した。対岸の田名氏、上流の小倉氏も共に横山党の一族であった。
 城址の面積は、6820平方メートルほどの広さで、東方は断崖をもって相模川にのぞみ、 西方は沢の渓流に接し、北方は三栗山の峰に連なり、南方は展望を良くしていた。 館への入口は西方の沢に橋を架け、そこから登坂して正門に至ったという。
 以前には、架橋跡・門跡・壕跡などがあったが今はない。ただ館跡を残すのみである。

『小沢古城址説明板より』

■小沢古城
小沢古城址

小沢古城址之碑
 


住所神奈川県愛甲郡愛川町角田934
時間
休日
拝観料
駐車場
2013年8月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.