名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年1月24日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 光則寺

城と館
東海道

鎌倉時代、北条時頼の家臣・宿谷光則の屋敷址。

日蓮宗。行時山光則寺。光則は日蓮宗に帰依し屋敷を寺にしたと伝えられている。
日蓮の弟子の日朗上人が捕えられていた土牢が残っている。


光則寺

 『立正安国論』などによって日蓮聖人が佐渡へ流された時、弟子の日朗上人も、北条時頼の家臣であった宿谷光則の屋敷に捕えられました。 やがて光則は、日蓮聖人に帰依し、屋敷を光則寺としたと伝えられています。
 境内の裏山には日朗上人が捕えられていたと伝わる土牢が残っています。
 境内には法華経の信者だった宮沢健司の『雨ニモマケズ』の詩碑があり、樹齢二百年といわれるカイドウの古木をはじめ、 四季折々さまざまな花が見られる鎌倉有数の花の寺です。

『光則寺説明より』

■光則寺
光則寺

日朗上人の土牢

土牢説明

宿谷光則屋敷址


住所神奈川県鎌倉市長谷3丁目9−7
時間
休日
拝観料
駐車場
2009年5月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.