名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年12月16日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 蒔田本陣跡 (まいたほんじんあと)

城と館
東海道

藤沢宿本陣跡

本陣は大名・幕臣・公家などの公認宿舎のことで、藤沢宿では大久保町と坂戸町の境付近に蒔田源右衛門がが勤める本陣がありました。

2009年『蒔田本陣跡』説明より

蒔田本陣跡

 江戸幕府は、東海道を往来する幕府の役人や大名、公家などの専用宿舎として、各宿場に本陣を指定しました。江戸時代に 外交使節として日本を訪れた朝鮮通信使も国賓待遇の使節ということで、蒔田本陣に宿泊した記録があります。通常、本陣には その他の旧家や富裕層等、有力宿民が指定され、家屋の格式も特別なものでした。江戸時代の地誌「相中留恩記略」に記された 蒔田本陣の図からも、他とは画然とした本陣の様子が判ります。

『蒔田本陣跡』説明より

■蒔田本陣跡
蒔田本陣跡

外観

2009年5月頃の碑

相中留恩記略
 


住所神奈川県藤沢市
時間
休日
拝観料
駐車場
2015年1月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.