名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年12月17日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 三増合戦場

城と館
東海道

戦国時代の小田原北条氏と武田氏との激戦の地

武田信玄の勝利

三増合戦場

 永禄十二(1569)年、十月、甲斐(今の山梨県)の武田信玄は、二万の将兵をしたがえて、小田原城の北条氏康らを攻め、その帰り道に三増峠を選んだ。
 これを察した氏康は、息子の氏照、氏邦、娘の夫の綱成らを初めとする二万の将兵で三増峠で迎え討つ事にした。ところが、武田軍の近づくのをみた北条軍は、半原の台地上に移り態勢をととのえようとした。
 信玄は、その間に三増峠のふもとの桶尻の高地に自分から進み出て、その左右に有力な将兵を手配りし、家来の小幡信定を津久井の長竹へ行かせて、津久井城にいる北条の動きを押さえ、また、山県昌景の一隊を韮尾根に置いて、いつでも参戦できるようにした。北条方は、それに方々から攻めかけたのでたちまち激戦となった。そのとき、山県の一隊は志田峠を越え、北条軍の後ろから挟み討ちをかけたので、北条軍は総崩れとなって負けてしまった。この合戦中、武田方の大将浅利信種は、北条軍の鉄砲にうたれて戦死した。
 北条氏康、氏政の親子は、助けの兵を連れて荻野まで駆けつけてきたが、すでに味方が負けてしまった事を知り、空しく帰っていった。
 信玄は、勝ち戦となるや、すぐ兵をまとめ、反畑(今の相模湖町)まで引き揚げ、勝利を祝うとともに、敵味方の戦死者の霊をなぐさめる式をとりおこない、甲府へ引きあげたという。

『三増合戦場の板碑より抜粋』

■三増合戦場
三増合戦場

三増合戦図




住所神奈川県愛甲郡愛川町
時間
休日
拝観料
駐車場
ホームページ
2012年8月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.