名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年9月21日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 品濃一里塚 (しなのいちりづか)

城と館
東海道

東海道53次、日本橋から9番目の一里塚

旧東海道の一里塚は江戸日本橋から京都三条大橋まで125里で、慶長9年街道の付属施設として1里ごとに造られた。

品濃一里塚

 慶長9年(1604)徳川幕府は、五街道を整備し、あわせて宿場を設け、交通の円滑を図りました。
 それと同時に、当時あいまいであった駄賃銭を決めるために、江戸日本橋を起点とした距離が判るように、 明確な里程標が必要となりました。そのため街道の両側には、一里(約4キロメートル)ごとに5間(約9メートル)4方の塚が 造られ、塚の上にはエノキやマツが植られました。これが一里塚です。
 一里塚は、旅人にとって旅の進みぐあいがわかる目印であると同時に、塚の上に植えられた木は、夏には木陰をつくり、 冬には寒風を防いでくれるため、旅人の格好の休憩場所にもなりました。そのため、一里塚やその付近には茶店ができ、立場が 設けられるようになりました。
 ここ品濃の一里塚は、日本橋から9番目の一里塚で、保土ヶ谷宿と戸塚宿の間に 位置しています。旧東海道をはさんでほぼ東西に2つの塚があり、地元では一里山と呼ばれていました。東の塚は平戸村内に 西の塚は品濃村内に位置し、西の塚にはエノキが植えられていたようです。
 このように、今でも道の両側の塚がともにほぼ当時の形で残っている所は、神奈川県内でもこの一里塚だけであり、 昭和41年には県の史跡に指定されました。

『品濃一里塚』説明より

■品濃一里塚
品濃一里塚

西の一里塚

旧東海道(左が西の一里塚)

東の一里塚

説明

絵図
 


住所 神奈川県横浜市戸塚区平戸4丁目16
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.