名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年1月22日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 田中屋 (たなかや)

城と館
東海道

安藤広重の東海道五十三次に描かれた旅籠

坂本龍馬の妻の「おりょう」も働いたと言われている。

田中屋

【神奈川宿】
神奈川宿は日本橋を出て3番目の宿場町です。現在の台町あたりは、かつて神奈川湊を見おろす景勝の地でした。 この神奈川が一躍有名になったのは、安政元年(1854年)の神奈川条約締結の舞台となってからです。 その4年後に結ばれた日米通商条約では神奈川が開港場と決められていましたが、後に横浜に変更されました。

【田中屋】
神奈川宿がにぎわった当時から続く唯一の料亭が、文久3年(1863年)創業の田中屋です。
田中屋の前身の旅籠「さくらや」は安藤広重の「東海道五十三次」にも描かれた由緒正しき店名です。 高杉晋作やハリスなども訪れました。

【坂本龍馬の妻「おりょう」】
「おりょう」が田中屋で働き始めたのは明治7年。勝海舟の紹介で働いていたと伝えられています。英語が話せ、 月琴も弾くことができた「おりょう」は、外国人の接待に重宝されていました。

『神奈川宿』説明より

■田中屋
田中屋

説明

付近の壁の絵


住所 神奈川県横浜市神奈川区台町11−1
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.