名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年11月19日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 江戸方見附跡 (えどかたみつけあと)

城と館
東海道

東海道、戸塚宿の入口

江戸時代に、戸塚の宿で町並を形成し、20町19間を宿内とし、その両端に道を挟んで見付を築き、これを宿場の入口の標識とした。 貴賓の送迎はこれから行はれ、大名行列もこれより隊伍を整えたものである。

『江戸方見附跡』説明より

江戸方見附跡

 見付とは、宿場の出入り口のことです。ここは戸塚宿の江戸側の出入り口です。旧東海道の宿場に設けられた見付は、 宿場を見渡しやすいような施設となっていることが多いようです。参勤交代の大名らを、宿役人がここで出迎えました。

旧東海道『江戸方見附跡』説明より


慶長9年(1604年)戸塚が東海道となり、この地に戸塚宿の出入り口となる「江戸見付」が置かれた。大阪下バス停 辺りに設置された「上方見付」迄の間の20町19間(2.2km)が戸塚宿と呼ばれ、江戸から10里(40km)、相模国に 入って最初の宿場として栄えた。幕末にはこの地に外国人が宿泊可能な「わたや」が鈴木吉左衛門により建てられ、 江戸参府のオランダ人等が多く利用したと伝えられる。

戸塚宿『江戸方見付』跡地説明より

■江戸方見附跡
江戸方見附跡

向い側のビルの説明

交差点名


住所 神奈川県横浜市戸塚区吉田町876
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.