名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年4月25日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 北条氏政・氏照の墓所 (ほうじょううじまさ・うじてる のぼしょ)

城と館
東海道

小田原北条四代、北条氏政、弟・北条氏照自刃の地

豊臣秀吉の命により、この地にて自刃する。

北条氏政・氏照の墓所

 北条氏政は、北条氏四代の領主。氏照は、氏政の弟で、八王子城などの5つの支城の城主でした。
 天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めにより小田原城が落城すると、五代領主氏直は高野山に追放され、父氏政と弟氏照は、城下の 田村安斎邸(現南町)で自刃しました。
 両人の遺体は、当時この地にあった北条氏の氏寺、伝心庵に埋葬されました。(現在、永久寺所有)
 その後放置されていた墓所は、稲葉氏が城主の時(1633〜1685)北条氏追福のため整備されました。大正12年(1923)の関東大地震では 墓所が埋没する被害を受けましたが、翌年地元の有志により復元されました。

「北条氏政・氏照の墓所」説明より

■北条氏政・氏照の墓所
北条氏政・氏照の墓所

外観


【五輪塔】
 右  (大) 伝 氏政夫人の墓
 中央 (中) 伝 氏政の墓
 左  (小) 伝 氏照の墓

【生害石】
 五輪塔前の平たい石
 この石の上で氏政・氏照が自刃したと伝えられています。

【笠塔婆型墓碑】
 左手の墓碑
 この墓碑には、次のように法号(戒名)が刻まれています。

「慈雲院殿勝岩傑公大居士 天正十八庚寅年七月十一日 北條相模守氏政」

「青霄院殿透岳開公大居士 天正十八庚寅年七月十一日 北條陸奥守氏照」


住所 神奈川県小田原市栄町2丁目−7−7
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年4月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.