名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年11月18日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 和田城址(わだじょうあと)

城と館
東海道

鎌倉幕府、初代侍別当

三浦義明の嫡男、杉本義宗の子で三浦一族の武勇を誇る和田義盛の城。

和田城址

 和田小太郎義盛は16才の秋、父の死をさかいに鎌倉杉本城から和田に移り、このあたりは義盛の居館があったところです。
 義盛が和田ノ里に館をおいた。その頃すでに和田は三浦半島有数の殻倉地帯であったために、このあたりが領民を守り、水田を 管理するにもこの地の利を占めていたともありました。
 義盛は和田を終生の根拠地と定め合戦にのぞんでこの地から多くの兵士が出陣し、倉糧が戦陣におくられるなど重要な役割を 果していたところです。
 現在、和田館はその跡をとどめていないが、この館を囲むようにして木戸脇、唐池(空池)、出口、赤羽根、矢作 などの地名が 残っていて住時を偲ぶことができます。
 また、和田館には木曽義仲の妾巴御前が義盛に預けられここで余生をおくったといわれます。

『和田城址』説明より

■和田城址
和田城址

 

 




住所神奈川県三浦市初声町和田
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年1月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.