名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年10月19日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
長崎県 > 上野彦馬生誕地

城と館

上野彦馬、故縁の地



上野彦馬生誕地

 上野彦馬は、天保9年(1838)、銀屋町16番(現、長崎市銀屋町)に生まれた。父・俊之丞は、長崎奉行所の御用時計師で、ダゲレオダイプ・カメラ(銀板写真機)を日本で初めて輸入した。彦馬は16歳から広瀬淡窓の私塾・咸宜園で関学を学び、その後、長崎に戻り、オランダ海軍医ポンペのもとで舎蜜学(化学)を学んだ。このとき湿板写真術に興味を示し、津藩士堀江鍬次郎とともに、フランス人ロッシェについて、写真術を学んだ。
 文久2年(1862)、彦馬は、中島川河畔に商業写真館・上野撮影局を開設。高杉晋作ら著名人の肖像や各地の風景を撮影し、貴重な写真を後世に残すとともに、多くの門人を育成し、わが国写真業界の基礎を築いた。
 また、明治7年(1874)金星観測の写真撮影に参加。さらに、明治10年(1877)には西南の役に従軍し、日本初の従軍写真家として活躍し、明治37年(1904)65歳でこの世を去るまで、写真技術の発展に多大な功績を残した。

『上野彦馬生誕地 板碑より』

■上野彦馬生誕地
上野彦馬生誕地

説明


住所長崎県長崎市古川町8−11
時間
休日
拝観料
駐車場
2013年10月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.