名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年9月21日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
埼玉県 > 川越城

城と館

後北条氏、大道寺政繁の城

1590年豊臣秀吉の小田原合戦にて降伏。
北条綱成が守っていた際に三大奇襲戦の河越夜戦があった。


川越城
川越城跡
 川越城は、長禄元年(1457)に太田道真、道灌父子によって築城され、上杉氏6代、北条氏4代の持城であったが、当時は後の本丸、二の丸を合わせた程度のものであった。
 江戸時代になって、松平信綱が城地を拡大し、八郭・三櫓、十二門をもつ徳川家の親藩、譜代の大名の居城として有名であった。  しかし、明治維新後、堀は埋め立てられ、土塁は壊されて、現在ではこの富士見櫓の跡と、本丸御殿の一部が残るのみとなった。
 富士見櫓は築城当初に、本丸西南の隅櫓として建てられた三重の櫓で、城内第一の高所として天守閣の代わりをつとめた。  

富士見櫓『川越城跡』の説明より 

■川越城
川越城

富士見櫓


住所埼玉県川越市郭町2−13−1
時間9:00〜17:00(入館は16:30分まで)
休日月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)、館内整理日(毎月第4金曜日、ただし休日は除く)
拝観料一般 100円、大学生・高校生 50円
駐車場
2011年10月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.