名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年1月24日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
静岡県 > 妙雲寺(自耕庵)

城と館

次郎法師こと、井伊直虎の菩提寺。

禅宗 臨済宗妙心寺派。

妙雲寺(自耕庵)

 現在は、臨済宗妙心寺派に属する寺院で、もとは自耕庵とよばれていました。戦国時代、井伊氏の苦難を支えた次郎法師(井伊直虎) の菩提寺であり、寺号は次郎法師の法名、妙雲院殿にちなみます。次郎法師は、井伊氏当主であった井伊直盛の娘、幼い頃の井伊直政 (虎松)の後見人となりました。没年は天正10年(1582)です。
 現在、妙雲寺がある場所とその周辺は北神宮寺遺跡という井伊谷でも最大級の遺跡の所在地です。土地区画整理事業に先立ち、 2003年から2007年にかけて発掘調査を行い、縄文時代から江戸時代にかけて、人びとがこの地に住み続けていたことが明らかになりました。 戦国時代についても、大型の建物が確認され、鍋がまとまって出土した一画があり、井伊氏を支えていた有力者の住まいがあったと考えられます。  

『妙雲寺(自耕庵)』説明より

■妙雲寺(自耕庵)
妙雲寺(自耕庵)



住所 静岡県浜松市北区神宮寺町28−3
時間 −
休日 −
拝観料 −
駐車場 −
2017年2月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.