名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年7月22日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
静岡県 > 徳川秀忠公 誕生の井戸

城と館

江戸幕府2代将軍、徳川秀忠公 出生の地

家康公の側室である西郷局が2代将軍秀忠公を生んだとき、産湯としてこの辺りにあった井戸水が使われた という伝承をもとに作られた井戸です。出生地とされる場所は2説あり、1説はこの付近。もう1説は 浜松城二の丸の北にあったといわれています。

『徳川秀忠公 誕生の井戸』説より

徳川秀忠公 誕生の井戸

 誕生井戸はここの西方約50メートル位のところにあった。昔、その一帯は旧城下であり家康の在城当時には下屋敷が構えられていた。二代将軍徳川秀忠の 生母は、家康の側室西郷の局で秀忠出産は同下屋敷でおこなわれた。その時使われた産湯の井戸を誕生井戸という。その井戸は明治の頃まで残っていたそうである。
 また、ここの北方の誕生橋は秀忠の産まれた下屋敷が誕生屋敷と呼ばれたことに因んでの命名である。

『誕生井戸の由来』より

■徳川秀忠公 誕生の井戸
徳川秀忠公 誕生の井戸



説明

家康の散歩道

住所 静岡県浜松市中区常盤町141−25
時間 −
休日 −
拝観料 −
駐車場 −
2017年4月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.