名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年1月24日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
東京都 > 高輪大木戸跡(たかなわおおきどあと)

城と館
東海道

江戸の南の入口

江戸時代は海岸の景色が見える月見の名所

高輪大木戸跡

 高輪大木戸は、江戸時代中期の宝永7年(1710)に芝口門にたてられたのが起源である。享保9年(1724)に 現在地に移された。現在地の築造年には宝永7年説・寛政4年(1792)など諸説がある。
 江戸の南の入口として、道幅約6間(約10メートル)の旧東海道の両側に石垣を築き夜は閉めて通行止とし、 治安の維持と交通規制の機能を持っていた。
 天保2年(1831)には、札の辻(現在の港区芝5−29−16)から高札場も移された。この高札場は、 日本橋南詰・常盤橋外・浅草橋内・筋違橋内・半蔵門外とともに江戸の6大高札場の1つであった。
 京登り、東下り、伊勢参りの旅人の送迎もここで行われ、付近に茶屋などもあって、当時は品川宿にいたる海岸の景色 もよく月見の名所でもあった。
 江戸時代後期には木戸の設備は廃止され、現在は、海岸側に幅5.4メートル、長さ7.3メートル、高さ3.6メートル の石垣のみが残されている。
 四谷大木戸は既にその痕跡を止めていないので、東京に残された、数少ない江戸時代の産業交通土木に関する史跡として 重要である。震災後「史蹟名勝天然紀念物保存法」により内務省(後文部省所管)から指定された。

『高輪大木戸跡』説明より

■高輪大木戸跡
高輪大木戸跡

 

説明


住所東京都港区高輪2丁目19
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年1月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.