名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年4月27日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
和歌山県 > 田辺城 (たなべじょう)

城と館

浅野家家臣、浅野氏重が築城

のちに紀州藩の城となり、明治まで続く。

田辺城

 田辺城は関ヶ原の合戦後、紀伊国に入国した浅野幸長の執政・浅野左衛門佐氏重によって、慶長11年(1606)会津川左岸河口に築城されました。
 その後、元和5年(1619)紀州藩主徳川頼宣の附家老・安藤帯刀直次が田辺領主となりましたが、安藤直次は紀州藩の重心として和歌山城下に常駐していたため、 田辺城には直次の従弟・安藤小兵衛を留守居役として置き、小兵衛家が代々城代家老を務めてました。
 明治3年(1870)田辺城は廃城となり、遺構の多くは姿を消しましたが、埋門型の水門とそれに続く石垣が当時の面影を留めています。

「田辺城水門」説明より

■田辺城
田辺城水門




会津川


住所 和歌山県田辺市上屋敷3丁目7 錦水公園
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年4月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.