名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年12月18日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
山梨県 > 馬場美濃守信春屋敷跡(ばばみののかみのぶはるやしきあと)

城と館

武勇に優れた築城術の名手

馬場美濃守信春。?〜天正3年5月21日。

馬場美濃守信春屋敷跡

 甲信国境の豪族教来氏(武川衆)の出身で、天文15年(1546)に信玄に抜擢され、50騎 を預けられて、馬場氏の名跡を継いだという。信玄の信濃経略で活躍し、天文19年(1550) に小笠原長時が没落すると、深志城(現在の国宝松本城の前身)の城代に就任した。川中島の戦いでは、 山本勘助とともに「啄木鳥の戦法」を立案し、信玄に献策した。また、山本勘助より築城術を学び、 駿河清水城、田中城などの築城を手がけたという。永禄5年(1562)より、信濃牧野島城に在城し、 越中国の親武田方との連携や、海津城の高坂弾正とともに上杉謙信の監視を行った。山県・原・内藤とともに、 信玄・勝頼を支えた。長篠の合戦では、殿軍を担い、勝頼を逃がすために奮戦して戦死した。 その戦いぶりは、織田方も称えた。

『馬場美濃守信春屋敷跡』説明より

■馬場美濃守信春屋敷跡
馬場美濃守信春屋敷跡

馬場信春


住所 山梨県甲府市大手3丁目1
時間
休日
拝観料
駐車場
2007年10月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.