名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年4月20日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
山梨県 > 小山田左兵衛尉信茂屋敷跡 (おやまださひょうえのじょうのぶしげやしきあと)

城と館

都留郡を支配した名族

小山田左兵衛尉信茂。天文9年〜天正10年3月24日。

小山田左兵衛尉信茂屋敷跡

 小山田氏は、武田家の一門衆(御親類衆)の待遇を受けた名族で、中津森(後に谷村)に館を構えて、 都留郡を支配した強豪であった。信茂は、兄弥三郎信有(のぶあり)が、永禄8年(1565)8月に 病没したため、家督を相続した。武田信玄が、関東で北条氏とともに、上杉謙信と対決した際には、 上野原加藤氏とともに、しばしば援軍として派遣されている。永禄12年(1569)に信玄が北条氏 を攻めた際には、信茂は別動隊として、武蔵国に侵攻し、十々里(ととり)峠の合戦で北条氏照軍を撃破して、 滝山城を囲む信玄本体と合流している。勝頼時代には、武田信豊とともに武田氏を支え、上杉氏との同盟締結 では中心的役割を果たした。武田氏滅亡後、織田軍に捕らわれ、甲斐善光寺で処刑された。

『小山田左兵衛尉信茂屋敷跡』説明より

■小山田左兵衛尉信茂屋敷跡
屋敷跡

小山田信茂


住所 山梨県甲府市古府中町
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年3月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.