名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年1月24日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
山梨県 > 四郎作古戦場跡 (しろうつくりこせんじょうあと)

城と館

小宮山友晴激戦の地

天目山の戦いの最前線。

四郎作古戦場跡

小宮山内膳友晴(友信)は武田の重臣小宮山丹後守昌友の長男として武田氏に仕え諸国への使い番12人衆の1人に数えられ 武田軍政に重きをなしていた。天正3年の長篠合戦以後武田軍の中枢は重臣たちによって司られていたが小宮山内膳はその折々、 軍のため率直に意見を述べた。重臣たちはこれを快しとせず理非をわきまえずにこれを否定し遂にざん言により主君の勘気を 被り蟄居を命ぜられ幽閉の身となった。しかし天正10年3月11日(1582年)に武田勝頼は多くの重臣たちに離反され一族 と共にこの付近に於て最後の決戦をする運命に陥ったのである。小宮山内膳は主君の危急を知り決戦の前夜一行に追い付き「 友晴が譜代の臣でありながら、武田家最後の戦いに臨めなかったなら小宮山家末代までの恥辱であり武士道にも背くゆえ蟄居の 許しを請い最期の戦いに御盾となり高思の万分の一にも報いたい」と言上した。勝頼は「あっぱれな武士の鑑よな余の不徳の 致す処であった。」と直ちにこれを許した。小宮山内膳は勇躍戦いの最前線であるこの地に陣を敷き寄せ来る敵と奮戦数刻の末 従容として主君に殉じたのである。戦いの直後奇しくも内膳の弟僧の拈橋がこの地を訪れ殉死した一族の霊を弔い内膳には「 忠叟道節居士」の法名を贈った後に水戸藩の儒者藤田東湖は文天祥の正気の歌に和して「或殉天目山 幽囚不忘君」と詠み崇高な 至誠を貫いた内膳の忠節義烈を称している。

『四郎作古戦場の由来』説明より抜粋

■四郎作古戦場跡
四郎作古戦場跡

四郎作古戦場の由来


住所 山梨県甲州市大和町初鹿野
時間
休日
拝観料
駐車場 無(付近に市営景徳院駐車場)
2016年3月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.