名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年4月20日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
山梨県 > 多田淡路守満頼屋敷跡 (ただあわじのかみみつよりやしきあと)

城と館

信虎・信玄の筆頭家老

多田淡路守満頼。?〜永禄6年12月。

多田淡路守満頼屋敷跡

 多田淡路守は、美濃の出身という。仮名は三八郎(さんぱちろう)といい、略して多田三八と呼ばれることが多かった。 足軽大将に任命され、信虎以来、数多くの合戦に参加し、感状をもらうこと二十九度に及び、そのため全身に二十七ヵ所 の疵痕があったという。信濃虚空蔵砦を警固していた時に、現れた鬼を退治したとの伝説がある。信玄より、甲信国境の 先達城(長野県富士見町)を与えられて、ここを本拠とし、境目の守備を担っていたともいわれ、信濃経路に多くの実績 を残した。先達城跡には、多田氏の菩提寺常昌寺が建つ。満頼の死後は、息子多田親蔵が後継者となったが、長篠の戦いで 戦死したと伝わる。この他に、勝頼滅亡の際に殉死した、多田久蔵も満頼の子か一族と推定されている。

『多田淡路守満頼屋敷跡』説明より

■多田淡路守満頼屋敷跡
屋敷跡

多田満頼


住所 山梨県甲府市屋形3丁目5
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年3月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.