名右衛門
− 郷土を旅する歴史団  − 2018年7月18日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
山梨県 > 横田備中守高松屋敷跡 (よこたびっちゅうのかみたかとしやしきあと)

城と館

信虎・信玄を支えた足軽大将

横田備中守高松。長享元年〜天文19年10月1日。

横田備中守高松屋敷跡

 伊勢国出身と伝わる。騎馬三十騎、足軽百人を率いる足軽大将として、武田信虎・信玄二代の重要な作戦のうち、 三十四度に参加し、そのため全身に三十一ヵ所の疵痕があったと伝わる。天文15年(1546)8月、信玄が信濃 志賀城(佐久市)の笠原清繁(かさはらきよしげ)を攻めた際に、関東管領上杉憲政の援軍を、高松は、板垣信方らと ともに、小田井原の合戦でこれを撃破している。天文19年(1550)8月、信玄が村上義清の属城戸石城(上田市) を攻めた際に、攻撃前の敵状視察に赴いている。だが、この攻城戦に失敗し、信玄は全軍に退却を指示した。 高松は、殿軍をつとめ、村上軍の追撃を受けて戦死した。家督は養子康景(原虎胤の実子)が継いだ。

『横田備中守高松屋敷跡』説明より

■横田備中守高松屋敷跡
屋敷跡

横田高松


住所 山梨県甲府市古府中町
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年3月現在


Copyright (C) 2008-2018 naemon All Rights Reserved.