名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2022年8月8日

名右衛門
更新情報
御城印
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
志士伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
秋田県 > 十狐城(とっこ じょう)

城と館

清和源氏、浅利氏の居城

諸説あるが、1518年に築城される。尚、だんぶり長者伝説の独鈷大日神社の北西に位置する。
独鈷大日神社は、創建が523年と伝えられており、十狐城が築城される前から鎮座されていると考えられる。


十狐城

 浅利氏80年の城。旧比内郡を統治していた浅利氏の分限録によると、石高25,700石、家臣団106名とある。 東館保育所の後に、北端の一郭があったが、土砂採取で消失。3つの主郭と中小2郭が残っている。

別名 独鈷城
城地種類 平山城
築城年代 1518年(永正15年)
築城者 浅利則頼
主要城主 浅利則頼(-1550)→浅利則祐(-1562)→浅利勝頼(-1582)
→安東氏→浅利頼平→浅利頼治(-1598)
天守形式 天守 無し・連郭式
関連施設 独鈷大日堂(大日神社)、浮島龍神社
■十狐城
十狐城跡
1189 文治5年 奥州合戦後、源頼朝から浅利義遠は比内の地頭職を与えられる。
1336 建武3年 浅利氏は南部氏の鹿角の諸城を攻める。
1518 永正15年 3月。浅利則頼、十狐城を築城。
1598 慶長3年 浅利頼平が急死し、その後、破却される。

大日神社より

浮島龍神社

大日神社より向かう


米蔵跡

本丸案内板

米蔵跡の郭

本丸


住所秋田県大館市比内町独鈷
時間
休日
拝観料
駐車場有(大日神社)
≪参考文献≫
『東北の名城を歩く 北東北編』
『秋田県の歴史散歩』
『大日神社 参拝の栞』
2022年5月現在


Copyright (C) 2008-2022 naemon All Rights Reserved.