名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年1月16日

名右衛門
更新情報
後北条氏
目次
郷土の歴史を学ぶ
 秋田県
 福島県
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
 新潟県
 長野県
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
 三重県
 和歌山県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 山口県
 高知県
 福岡県
 長崎県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
北条早雲情報
小田原市ホームページ
管理人 名右衛門について
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
岐阜県 > 明智城

城と館

土岐桔梗 明智城

長山城ともいわれ康永元年(1342)明智次郎長山下野守、頼兼により開城。11代明智光秀まで215年 弘治2年(1556)斎藤義龍により落城。

『明智城』碑より 

明智城

 可児市は、戦国時代の悲運の武将「明智光秀」の誕生の地である。康永元年(1345年)に美濃源氏の土岐下野守頼兼が名字を「明智」と改めて、 初代明智家棟梁となり、明智荘瀬田の当地に明智城を築城した。
 以来、およそ215年、ここに山城を構えていたが、弘治2年(1556年)に当時の美濃国の支配者、斎藤道三とその子の義龍の争いに巻き込まれ、義龍に攻められて落城。最後の城主であった光秀は、 城の脱出に成功して明智家を再興したが、ここへは戻らず、彼の死後も、再びここに築城されることなく明治維新を迎えた。
 城は自然の地形をうまく利用した典型的な中世の山城で、この山の中央主峰、標高175米の頂上に本丸を築き、ここを中心としていくつかの別の峰に小城塞、見張り台、城郭施設を配置させてあったと考えられる。
 居館跡には「光秀産湯の井戸」と伝承されている井戸があり、当時使用されていた土器破片が出土している。また、出丸付近には、落城の際の戦没者を葬った「七ツ塚」がある。
 昭和48年には一族の供養塔「六親眷属幽魂塔」が発見されている。

『明智城址』説明より

■明智城
明智城

本丸跡


明智城之記

散策地マップ

七つ塚(裏)

七つ塚(表)
 明智城が落城した時に亡くなった7人の武将を祀ってある塚です。(塚が7つあります)
  溝尾庄右衛門
  三宅武部之助
  藤田藤次郎
  肥田玄蕃
  池田織部
  可児才右衛門
  森勘解由



大手門

説明

明智光秀像

明智荘説明


住所岐阜県可児市瀬田1238−3
時間
休日
拝観料
駐車場有(花フェスタ 駐車場)
2020年6月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.