名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年4月15日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
京都府 > 平安宮 検非違使庁址(けびいしちょう あと)

城と館
御城印

平安京
 平安時代の警察庁

平安宮 検非違使庁址

 東を堀川小路(堀川通)、北を鷹司小路(下長者通)、西を猪熊小路(猪熊通)、南を近衛大路(出水通)に 囲まれた範囲は、平安京左京一条二坊七町にあたる。平安時代前期から中期にかけ、この地には平安京の「首都警察」であった検非違使庁が存在した。検非違使は弘仁6年(815) 頃に令外官として創設され、当初は左右両庁に分かれていたが、天暦元年(947)にひとつに統合された。この左京一条二坊七町の地は、もとは左衛門府の一部であったが、 分割されて検非違使の庁舎の敷地にあてられた。検非違使の職掌は警察、裁判、科刑に及んでいたが、時代を経るに従ってその役割は拡張され、やがては京内の行政全般にわたる 広範な権限を持つにいたった。ただ、平安時代後期になると検非違使の事務は別当(長官)の私邸でおこなわれるようになり、左京一条二坊七町の庁舎は廃絶したのである。
 平安時代の歴史の中で、検非違使の果たした役割は限りなく大きい。この重要な史跡を後世に伝えるため、ここに顕彰碑を建立する。

『平安宮 検非違使庁址』説明より

■平安宮 検非違使庁址
検非違使

住所京都府京都市上京区亀屋町333
時間
休日
拝観料
駐車場
2020年12月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.