名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年7月25日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
京都府 > 山名宗全邸宅跡(やまなそうぜん ていたくあと)

城と館
御城印

応仁の乱の西軍
 山名宗全の陣があった場所を西陣と呼ぶようになる。

山名宗全邸宅跡

 山名宗全は応永11年(1404)、但馬国(現在の兵庫県北部)出石に生まれ、名を持豊といい、後に出家して 宗全と称したが、赤ら顔であったので「赤入道」とも呼ばれた。但馬をはじめ12箇国の守護職を兼ね、当時全国は60余州あったことから「六分の一殿」とも呼ばれた。
 子供がなかった室町幕府の8代将軍・足利義政は、弟・義視を後嗣にしようとしたが、その後、義政の夫人・日野富子に義尚が生まれたため、将軍職をめぐる後継者争いが起こり、 守護大名のお家騒動も絡み合い「応仁の乱」へと発展した。義尚を擁する宗全は、この邸宅を本陣として、室町今出川の「花の御所(足利家の住宅・室町幕府)」に陣を置く 義視方の細川勝元と東西に分かれて11年間に及ぶ戦いを繰り広げた。このため京の町の大半は焦土と化した。この情景を詠んだ歌に次のようなものがある。

 なれや知る 都は野辺の 夕雲雀
  あがるをみても 落つる涙は

 この地にあった山名家代々の邸宅も焼失し、宗全は文明5年(1473)、陣中で没した。このあたり一帯を「西陣」と呼ぶのは、山名宗全率いる西軍が陣をおいたことによる。
 なお、宗全の墓は南禅寺の真乗院にある。

『山名宗全邸宅跡』説明より

■山名宗全邸宅跡
山名宗全邸宅跡



70m東にある碑


住所京都府京都市上京区山名町799
時間
休日
拝観料
駐車場
2020年12月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.