名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年7月26日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
長崎県 > 近藤長次郎墓・晧台寺

城と館

近藤長次郎、小曽根乾堂・英四郎らの埋葬地



近藤長次郎墓・晧台寺

 当時の小曽根家墓所内には、亀山社中の近藤長次郎と海援隊士・小曽根英四郎が葬られています。近藤長次郎は、坂本龍馬が組織した亀山社中の一員として、慶応元年(1865)、長州藩のための軍艦・武器購入に活躍しましたが、隊規違反の罪を問われて翌2年1月14日に小曽根邸内で切腹しました。碑銘「梅花書屋氏墓」は、龍馬筆とも言われています。また、小曽根英四郎(1841~1890)は長崎商人・小曽根乾堂の弟で、龍馬の活動に支援を惜しまず、海援隊の簿籌官(会計官)としても活躍しました。
 

『晧台寺 板碑より』


■近藤長次郎墓・晧台寺
近藤長次郎墓・晧台寺

説明

近藤長次郎墓

 慶応二年正月十四日本博多町小曽根邸で自刃した土佐藩士近藤昶次郎の墓標は坂本龍馬の筆により晧台寺後山に建てられたがその荒廃を恐れ有志の協力を得て当処に移し併せて同墓域内にあった津藩士服部源蔵の墓碑をも修覆を加えた
 

『近藤長次郎墓横 石碑より』




小曽根家墓


住所長崎県長崎市寺町1-1 晧台寺
時間
休日
拝観料
駐車場
2013年10月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.