名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年7月25日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
長崎県 > 大浦けい居宅跡

城と館

亀山社中、故縁の地



大浦けい居宅跡

 大浦慶(1828~84)は、油屋町の老舗の油商大浦家に生まれましたが、若い頃から油には見切りをつけ、茶貿易に着目していました。安政3年(1856)、イギリス商人オルトとの間で、1万斤(6トン)の貿易に成功、以後、日本茶を海外に輸出して莫大な利益を得たといいます。明治4年(1871)、元熊本藩士遠山一也がオルト商会との間で行った煙草の取引の連帯保証人となり、ついに破産に追い込まれました。晩年は不遇でありましたが、明治17年(1884)、農商務卿 西郷従道より製茶貿易の功労を賞され、褒賞状と功労金20円を下賜されています。同宅の敷地は426坪、庭は長崎を代表する平庭といわれました。
 

『大浦けい居宅跡 板碑より』

■大浦けい居宅跡
大浦けい居宅跡

説明


住所長崎県長崎市万屋町5-10
時間
休日
拝観料
駐車場
2013年10月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.