名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年4月11日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
東京都 > 日本橋

城と館
東海道
御城印

五街道の起点

徳川幕府が、慶長9年(1604)、東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道の五街道の起点に定める。

日本橋

 日本橋がはじめて架けられたのは徳川家康が幕府を開いた慶長8年(1603)と伝えらえています。 幕府は東海道をはじめとする五街道の起点を日本橋とし、重要な水路であった日本橋川と交差する点として 江戸経済の中心となっていました。橋詰には高札場があり、魚河岸があったことでも有名です。幕末の様子は、 安藤広重の錦絵でも知られています。
 現在の日本橋は東京市により、石造二連アーチの道路橋として明治44年に完成しました。橋銘は第15代将軍 徳川慶喜の筆によるもので、青銅の照明灯装飾品の麒麟は東京市の繁栄を、嗣子は守護を表しています。 橋の中央にある日本国道路元標は、昭和42年に都電の廃止に伴い道路整備が行われたのを契機に、同47年に柱から プレートに変更されました。プレートの文字は当時の総理大臣佐藤栄作の筆によるものです。
 平成10年に照明灯装飾品の修復が行われ、同11年5月には国の重要文化財に指定されました。 装飾品の旧部品の一部は中央区が寄贈を受け、大切に保管されています。

国指定重要文化財『日本橋』説明より

■日本橋
日本橋

日本橋由来記

日本国道路元標レプリカ

日本国道路元標(佐藤栄作 揮毫)

レプリカ

徳川慶喜 揮毫「日本橋」



住所 東京都中央区日本橋1-1
時間
休日
拝観料
駐車場
2015年5月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.