名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年7月27日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > アメリカ領事館跡[本覺寺] (あめりかりょうじかんあと[ほんかくじ])

城と館
東海道
御城印

戦国時代は「青木城」。幕末は「アメリカ領事館」

生麦事件で駈込まれた領事館でもある。

アメリカ領事館跡[本覺寺]

 本覺寺は、臨済宗の開祖栄西によって、鎌倉時代に草創されたと伝えられる。もとは臨済宗に属していたが、 戦国期の権現山の合戦で荒廃し、天文元年(1532)に陽廣和尚が再興し、曹洞宗に改めた。
 開港当時、ハリスは自ら見分け、渡船場に近く、丘陵上にあり、横浜を眼下に望み、さらには湾内を 見通すことができる本覚寺をアメリカ領事館に決めたという。
 領事館時代に白ペンキを塗られた山門は、この地域に残る唯一の江戸時代に遡る建築である。

『本覺寺』説明より

■アメリカ領事館跡[本覺寺]
アメリカ領事館跡

入口

本堂

岩瀬肥後守忠震の碑

説明


住所 神奈川県横浜市神奈川区高島台1-2
時間
休日
拝観料
駐車場
2016年2月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.