名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年4月14日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 小机城址

城と館
東海道
御城印

小田原北条氏の小机衆の拠点

笠原家
         
2020/07/04
小机城址

 築城の年代は明らかではありませんが、おそらく、このあたりがひらけた十二世紀以降ではないかと思われます。 その頃は、このあたりは上杉氏の勢力下にあり、西方には、その支配下の榎下城があったことから、それとかかわりがある城と思われます。
 その後、山内上杉家の家臣長尾景春が、家督争いに端を発して反乱を起した時、景春に味方した矢野兵庫助らが城にたてこもり、北方の亀之甲山(現在の新羽町亀ノ子橋付近)に帯陣した上杉方の太田道灌の率いる軍と戦いました。
 城は、文明十年(1489)攻め落とされ、上杉氏もやがて北条早雲に追われ、小田原北条の領地となり、四十年間廃城となっていました。
 大永四年(1524)一族の北条氏堯の城となり、笠原越前守信為を城代として再興しました。 小机は地理的に、江戸、玉縄、榎下などの諸城を結ぶ位置にあり、この地は以後軍事、経済の両面で極めて重要な役割を果すことになります。
 豊臣秀吉が小田原城を攻め落し、やがて小田原北条氏が亡び、四代目城主弥次平衛重政が徳川軍の家臣として二〇〇名の知行を与えられ、近くの台村(緑区台村)に住む事になり、小机城は廃城、その歴史を閉じることになりました。

『小机城址についての碑より』

■小机城址

外観

本丸虎口と右下に碑

空掘1

空掘2

矢倉跡

井楼跡

櫓台

二の丸

根子屋広場

公園案内図

富士仙元

小机城址供養碑

雲松院(笠原家菩提寺)

小机城と雲松院


 関東管領山内上杉家の土豪矢野兵庫助の居城といわれている小机城は、文明10年(1478)に扇谷上杉家の家宰太田道灌に破られてから廃城となっていましたが、大永年(1524)頃、小田原北条氏の勢力圏に入り、南武蔵の軍事上や、経済上の重要地点として修築され、重臣笠原越前守信為を城代としました。
 信為は、父能登守信隆の追善のために、臥龍山雲松院を建立しました。

『雲松院説明より抜粋』



住所神奈川県横浜市港北区小机町 (小机城址市民の森)
時間
休日
拝観料
駐車場
2014年9月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.