名右衛門
- 日本郷土の歴史を学ぶサイト - 2021年7月27日

名右衛門
更新情報
歴史志伝
目次
郷土の歴史を学ぶ
北海道
 北海道
東北
 青森県
 秋田県
 岩手県
 山形県
 宮城県
 福島県
関東
 栃木県
 群馬県
 茨城県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 山梨県
信越
 新潟県
 長野県
北陸
 富山県
 石川県
 福井県
東海
 静岡県
 愛知県
 岐阜県
近畿
 和歌山県
 三重県
 滋賀県
 京都府
 大阪府
 奈良県
 兵庫県
中国
 鳥取県
 岡山県
 島根県
 広島県
 山口県
四国
 香川県
 徳島県
 愛媛県
 高知県
九州
 福岡県
 大分県
 佐賀県
 長崎県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
沖縄
 沖縄県
家系図調査 (ID/PASS)
リンク集
歴史志伝
北条早雲情報
管理人 名右衛門とは
・管理人の紹介
メール 勉強中の管理人に
メールを送信する
神奈川県 > 河村城

城と館
東海道
御城印

南北朝時代から戦国時代の城

南北朝時代の記録にも残る河村城は、戦国時代には小田原北条氏の出城でした。地理的に、北の甲斐国、西の駿河国から足柄平野へ至る北東端の入口部分に当たり、 戦略上、重要な城であったと考えられます。現在の御殿場線辺りを江戸時代中ごろまで流れていた皆瀬川と、南の酒匂川とに挟まれた標高約225mの独立丘陵上に、自然地形を活かし、郭や堀切を配した、山城です。

『河村城』説明より

         
2020/07/12
河村城

 河村城中世山城の全容を残しています。城は自然地形を利用し、尾根の高い部分を削り、その土で低い部分を埋めて「郭」と呼ぶ平場を造成します。 また、谷や崖面を利用して堀とし、外敵の侵攻をさえぎるため、尾根を人工的に切断して堀とした「堀切」を造り、郭の間を隔てる防御態勢を整えました。河村城の郭や堀切の平面配置を示す「縄張り」は 約300年前の絵図を参考にしています。

『河村城跡案内図』より

■河村城
河村城

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河村氏館跡

室生神社

住所神奈川県足柄上郡山北町山北
時間
休日
拝観料
駐車場
2020年7月現在


Copyright (C) 2008-2021 naemon All Rights Reserved.